未知谷の刊行物【海外文学】



 
ル・アーヴルの愛 大戦下の物語
ヴァレリー・トン・クオン 著 / 藪風美 訳
四六判上製368頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-676-2 C0097



ル・アーヴルは、かつてヨーロッパで最も美しい港といわれ
モネが《印象、日の出》を描いた築港の街
しかし第二次世界大戦下、連合軍が上陸を目指す
ノルマンディー地方のこの港町は
英独両軍の爆撃で壊滅
アルジェリアまで疎開した多くの子供達がいた
 
この物語は、ル・アーヴルを舞台に、
避難命令の出た1940年6月10日から
子供達がアルジェリアから引き揚げてくる
1945年8月まで、二つの家族の7人と友人が
大人も子供も、それぞれが一人称で語るコーラス小説である
 
著者の母と祖父母はル・アーヴルの出身
地道な取材で沈黙する年長者の話を聞いて執筆
フランスでは読者賞をはじめ12の賞を受賞
戦時下、犠牲を強いられる一般市民の苦悩を克明に描く
(原題:par amour)


目  次

ルーシー  1940年6月10日 月曜日

ミュゲット 1940年6月
26 
エメリー  1940年 夏
57 
ジャン   1941年 冬
86 
ミュゲット 1941年10月
108 
ジョゼフ  1941年10月
137 
ジョーフル 1941年12月
163 
チュリオ  1942年1月
181 
ミュゲット 1942年1月
191 
ジョーフル 1942年9月
214 
ジョゼフ  1942年11月
234 
エメリー  1943年4月
260 
ルーシー  1943年8月
281 
ジョーフル 1944年6月
296 
ジャン   1944年9月
321 
マリリン  1945年8月
343 
参考文献など
353 
訳者あとがき
360 

ヴァレリー・トン・クオン [Valérie Tong Cuong]
1964年パリ郊外生まれ。パリ大学、ソルボンヌ大学文学部で文学と政治学を学ぶ。8年間企業(マスコミ)で働いた後、執筆活動に入る。ロックグループを立ち上げ作詞ヴォーカル担当。家族は夫と3人の子供。
1)『ビッグ』1999年ナイル刊 2)『ガブリエル』1999年ナイル刊 3)『私の居場所』2001年グラセット刊 4)『フェルディナンドと偶像破壊者達』2003年グラセット刊 5)『暗黒の外』2006年グラセット刊 6)『救いの神』2008年ストック刊 7)『魔法のスレート』2010年ストック刊、フェミナ・ヴァージン・メガストール賞 8)『闘い』2011年モター刊 9)『奇跡のアトリエ』2013年ラテス刊、楽観主義賞、ヴァンドーム高校生によるロンサール賞、ニース天使のベイ賞 10)『許される者、許されざる者』2015年グラス刊 11)『ル・アーヴルの愛』(本書)2017年ラテス刊、マンス図書館賞、カーン科学技術文芸アカデミー賞、雑誌ボヌール賞、2018年セーヌ・マリティム読者賞、フランス読者賞など12の賞に輝く 12)『内なる戦争』2019年ラテス刊 13)『永遠のかけら』2021年ラテス刊
2021年フランス政府より芸術文芸部門のシュヴァリエ賞受勲。
 
藪風美 [やぶざき としみ]
1943年徳島県生まれ。大阪外国語大学(現大阪大学)卒。1967年パリ大学ソルボンヌ文学部IPFE(Institut de Professeurs de Français à l’Étranger)留学、1974年と2004年同養成所に復学。1977年ニューヨークコロンビア大学文学部で外国語教授法を学ぶ。2010年〜15年滋賀医科大学博士課程の留学生日本語教師。訳書に1)フランソワーズ・アンブレ『夜明けの散策』1997年人文書院刊 2)アニー・デュペレ『運命の猫』2002年人文書院刊 3)アルノー・ドネー『ナポレオン、島々の皇帝、流刑の皇帝』2005年東方出版刊 4)ルイ・マルシャン著『ナポレオン最期の日』2007年MK出版刊 5)ポール・コンスタン著『うちあけ話』2015年人文書院刊(ゴンクール賞)など。


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
ル・アーヴルの愛 大戦下の物語
ヴァレリー・トン・クオン 著
3,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷